マイング新CMのひみつ

博多のまんなかマイング

4/23よりマイングの新CMが公開となりました。
今回はこの新CMができるまでの制作の様子を皆様にもお伝えできればと思います。
テレビCMがどうやって作られているのか、意外と知らない方も多いはず。
完成するCMは15秒程度ですが、意外と手間暇かけて作っているんです。

今回のCMは昨年1年間マイングで使用してきた「博多のまんなかマイング」
マイング内で販売している九州のおみやげがずらり。 2年目はこの「博多のまんなかマイング」をさらに立体的に!ということで今回のCMが出来上がりました。
文字通り立体的に。全24種類が立体化しました。
さて、こちらが出来上がるまでには、たくさんの工程があるんです。今回の手法は「コマ撮り」と言われる手法になります。たくさんの写真を撮ってそれを順番に流すことによって、一つの動画が出来上がっていきます。

まず、マイング店内での撮影から。

出来立てのお弁当を販売している「駅の惣菜 エプロンさん」
出来立てのお弁当がずらり。 店内の方は全てエキストラ!
改札に非常に近く、お弁当、お惣菜、おにぎりなどあらゆる時に便利なお弁当屋さんです。
ご当地ものや日用使いのものが揃うスーパーの「博多ステションフード」 随時確認していきます。 実は博多駅の中で穴場のカフェの「タリーズコーヒー」。 かなり細かく指示をして撮影していきます。

場所は変わって屋外。

こんなところで高い脚立に乗って何してるんでしょう。 そう、マイングがある博多駅の写真を撮っているんです!
ここで撮影した写真が一番最初のシーンになっていきます。
おみやげたちが降りてくるこの博多駅も
こうやって撮影して、何枚もの写真を編集して形になっているんです。

今度はスタジオでの撮影!選りすぐり明太子も。

明太子やコーヒーカップ、など実物を撮影していきます。
ひとつひとつ撮影していきます。

小さなカプセルの薬も本物を使用して
こんなふうに透明のアクリル台に乗せて近距離から撮影 撮影したものは一つ一つ確認していきます。根気のいる作業です。 色や形を見ながら配置を考えて綺麗に袋詰め。より良いものを選んでいきます。
このスーパーマーケットの買い物を連想させる野菜たちもすべてマイングで購入しています。
選りすぐりのひと腹を細かく細かく綺麗に形を整えます。

さて、現場は深夜の広々としたマイングへ!

深夜のマイングに何やら大きな棒が立てられます。
これにカメラをスライドできるように固定して、館内のシーンの素材撮影です。
誰もいないマイング。広々しています。 何やら大きなものが取り付けれらます。 一枚とっては確認。皆で確認。 イメージ通りの写真になるまで繰り返します。 皆ずらりと並んでいます。何をしているんでしょうか? 実寸の明太子ちゃんもありました。
謎がのこる写真が続きましたが、博多人形編にてこれがどのようにCMになっていくのか引きつづきレポートしていきます!

つづく